Blog

10月16日(土)に函館市芸術ホールで行われた
劇団はこだて第53回定期公演「猿の手」に
劇団員の福井翔太郎が客演しました!

イギリス、フルハム郊外にあるホワイトの居間。
ホワイト氏と息子のハーバートが暖炉の傍でチェスを楽しんでいる。
そこへホワイトの友人のモーリスが曹長が遊びに訪れる。
彼は懐からひからびた猿の手のミイラを取り出し、
「三つの願いがかなえられるが、最後には必ず不幸になる」
というお話。

福井はハーバート役として出演しました。

101019_2

ご来場いただいた皆さん、劇団はこだての皆さんありがとうございました!
劇団はこだてのホームページはこちら

写真提供/函館市芸術ホール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事