メンバー紹介

いいづか ゆたか

いいづか ゆたか

1970年江差町生まれ。中途半端な演劇好き。現在劇団G4代表。
30歳で函館市民劇に役者として駆り出され演劇の楽しさに目覚める。その後、劇団G4に入団。主に脇役をしながら、たまに脚本を書き演出などもしてみる他、独学で舞台セットを作るなど演劇の楽しさを自分なりに追求してみる。その他、お笑い色の強い演劇ユニット「大塚小劇場」を立ち上げたり、劇団G4以外の公演にも気の向くままに参加。
昨年、同劇団を解散し、再結成。少数メンバーで新たな道を探り中。
生活第一で無理をせず、自分が楽しむための、趣味としての演劇を成り立たせるためにはどうすべきかを考えながら少しずつ進んでます。

林 佐和子

林 佐和子

2014年、劇団G4入団
。1987年北海道函館市生まれ。10代で日本ナレーション演技研究所へ入所し、演技などを学ぶ。
函館へ帰郷後、様々な演劇の企画に携わる。
FMいるかでのラジオドラマ出演やイベントの司会など、声を使った仕事に関わることも多い。
現在は子育て中のため、同年代の仲間と共にFMいるかにてラジオ番組を担当しながら超省エネで活動中。
2018年米アレルギーが発覚し、人生の全てをネタにしながら楽しんでいる。

杉田 甲斐人

杉田 甲斐人

劇団G4の杉田甲斐人です!なぜかやたらチャラ男役を担当する事になっていますが、実際はそんなことはない一般ピーポーです。リアルで心を動かす芝居を全力で目指してます!

Yuma

Yuma

1996年神奈川県横浜市生まれ。高校時代に演劇を始める。舞台に立つ快感を忘れられず
趣味として参加。甘いもの大好き
。
『差し入れお待ちしてます!!』

山本 彩

山本 彩

1991年函館生まれ。函館育ち。
高校の部活で演劇をやり芝居をする楽しさに魅了されるも、卒業後すぐに就職して8年近く演劇から離れる。が、高校の時の後輩から当劇団の飯塚さんを紹介してもらいそれを機に転職して勢いのまま12月のtune公演に参加。
性格は優柔不断で気分屋。
好きな食べ物は和菓子。特にお餅と抹茶系のものに心惹かれる。
生活第一!でも芝居も全力で楽しむ!

成田 愛香

成田 愛香

1994年札幌生まれ。
テニス、スノーボードなど体を動かすことや、おいしい日本酒巡りをすることが大好き!
高校を卒業し、仕事の関係で函館市に転居。
函館生活6年目を迎える年に何か新しいことに挑戦したいと思い、前から興味があった演劇をやろうと決断。ホームページに掲載されていた劇団G4に惹かれ、平成30年3月末に見学し、入団。
初めてのことだらけで不安もたくさんあるが、素敵な団員と楽しく活動をしていきたいと思っています!

安達 可奈

安達 可奈

「ビッケの一派」主宰。劇作家・俳優。
1986年生まれ、北海道函館市出身。
ENBUゼミナール2011春期演劇コース卒業後、
6年間東京で活動。
自身の作品を上演する「ビッケの一派」を旗揚げし、
2015年に本公演「床の味」を上演。
また俳優として「中野坂上デーモンズの憂鬱」の舞台に数多く参加。「ユーモアがある」と評価される。
2018年春、現在のG4代表と偶然知り合い、
その日のうちに12月公演の参加が決まる。
2018年12月のG4Tune公演では映像を除く全ての作品の脚本を担当。
劇作家としては、
軽妙な会話劇を通し 色々と限界の人間模様を描きながら、切ったら血の出そうな表現を模索。
最近はコントの勉強もしている。
ソリッドさと慈悲、毒とおかしみを一つの皿にのせて献上する作風。

対馬 茉椰

対馬 茉椰

芸名 壇まや。
1999年1月2日生まれ
高校3年間、演劇部🎩🎭に所属し、高校2年生の時に、劇団G4の舞台を観て、感動し、劇団G4に入団を決め、今年、晴れて劇団G4に入団いたしました。
とにかく、演劇🎩🎭をこよなく愛す、19歳です(!)

池田 茜

池田 茜

生まれも育ちも生粋の函館の人です!
高校を卒業した後、道内外で舞台の勉強をし、数年前に帰ってきました。
舞台は観るのも演じるのも裏方も好きです。
好きなものを好きな様に形に出来る様、日々精進中!

床鍋 真由

床鍋 真由

1996年北斗市生まれ。
演劇経験は0。
学生時代に5年ほど放送に携わる。
読み聞かせやお祭りのMCなど、
楽しく明るく声を使うことを好んで活動。
座右の銘は死ぬこと以外はかすり傷
(当の本人は心配性、赤面症)